▼40代男性:原因不明の手のシビレ

▼来院動機

img_case6半年前から左腕~指先まで痺れていて、手の感覚が鈍くなり力が入らない感じがある。

1週間前から痺れが増して出るようになり、病院に行ったが原因不明と言われた。

仕事の現場が水道橋だったので看板をみて来院。

▼実際の問診票より

▼原因として何か思い当たることはありますか?

思い当たる原因は特にないように思いますが、力仕事を長時間するので、首や肩に負担がかかっているかもしれません。

▼どのような時、どのような体勢になると症状を感じますか?

常にシビレは出ているのですが、上を向く時が1番強く出ます。

▼どのような時、どのような姿勢が楽ですか?

常に出ているのですが、朝起きた時が比較的楽です。

▼その他症状

首・肩こり←自覚症状はないが整体に行くと凝っていると言われる。

▼その他情報

整体とマッサージに月に1回通っている。

静岡から出張で来ているため、東京には1か月間しか滞在できない。

▼プロセスと結果

▼初回施術

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仙腸関節、上部腰椎、下部胸椎、中部胸椎、下部頸椎に問題発見。

左の背中~肩、腕に筋緊張が見られた。

特に右の仙腸関節と下部頸椎は歪みがひどく、可動性も低下していた。

骨盤を調整している段階で痺れが半分くらい減り、調整後は頚部伸展での痺れが7割近く改善された。

頸椎の可動性も改善され「こんなに上を向けるようになったのは久しぶりだよ!」と喜んで帰られた。

▼2回目:(初回より7日後)

ピークに比べて痺れが半分になった。

予想よりも右の仙腸関節と下部頸椎は安定していた。

前回の調整箇所に加え、僧帽筋、三角筋、右の足関節にも問題が見られたため、それぞれにアプローチをかけた。

調整後は頚部伸展で少し痺れるくらいまで回復し、「この前より左手に力が入るようになってきた!と身体の変化に喜びを感じていた。

▼4回目:(3回目より14日後)

首を伸展しても痺れなくなり、手先の感覚も正常に戻った。

「首・肩も前に比べて軽くなって可動域が広がっている」と、自覚症状はなかったものの身体の、身体の変化に感動していた。

安定しているのでメンテナンスに切り替えた。

▼現在

東京出張も終わり静岡に帰られた。

今では2か月に1回出張で東京に来るので、そのつどメンテナンスを受けている。

▼患者さんコメント

本当に1か月で治してもらえるとは思ってなかったです。

痺れがなくなり、更に肩コリもなくなるなんて本当に感謝しています。

今では、2か月後の出張が楽しみで仕方ありません。

これからも身体のこと、よろしくお願いします。

▼担当者コメント

1か月の間に良くなって本当に良かったですね。

今でも2か月に1回定期的に来院されているので身体もバッチリですよ!

何か困ったことがあれば、いつでも連絡ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加