犬の皮膚病

犬のぎっくり腰(急性腰痛)の画像

千代田区 整体部門、整骨院・整骨院、カイロプラクティック部門 口コミランキング第1位

犬の整体ページはこちらへ 犬の整体ページはこちらへ

こんなお悩みありませんか

  • ずっと体を痒がる
  • 必要以上に毛が抜ける
  • 皮膚が赤く腫れ上がっている
  • 頭を振る
  • 前肢をしきりに舐める
  • 床に顔をこすりつける
  • 耳の炎症

そもそも犬の皮膚病とは

皮膚病にはいくつかの種類があります。

皮膚病は、環境の変化、温度や湿度、体調、ストレスなど、さまざまな原因があります。

 代表的なものは、ノミアレルギーと食物アレルギー、そしてアトピー性皮膚炎です。

ノミアレルギー

「ノミに刺された箇所が痒い」ということではなく、ノミの唾液に反応してアレルギー症状が発症します。
ノミ・ダニ予防薬をしていないワンちゃんがお散歩後、全身を痒がるような様子が見られたら、ノミアレルギーの可能性があります。

食物アレルギー

主にアレルギーが発症しやすいのが、

牛肉、豚肉、鶏肉などの肉類など、穀類です。

アレルギーが出やすい部位としては…

目、口、耳、肛門、脇の下、腹部、等です。

必要に応じて血液検査などでアレルゲンの特定などを行うこともあります。

アトピー性皮膚炎

ワンちゃんの皮膚には皮膚バリアというものがあり、アレルギー物質など外部からの刺激が入ってこないようになっています。

アトピー性皮膚炎のワンちゃんの場合この皮膚バリアの機能が低下しており、アレルギー物質が簡単に皮膚に入り込み刺激を与えます。

アトピーの症状悪化因子としてマラセチアや細菌なども関係していると言われています。

なりやすい犬種

  • ゴールデンレトリバー
  • シーズー
  • パグ
  • フレンチブルドッグ
  • 柴犬

動物病院(獣医さん)では

シャンプー療法、ステロイド剤、かゆみ止め注射、薬療法が一般的となっております。

犬が皮膚を噛まないようにカラーを付けて日常過ごしたり、毎日のシャンプー療法を勧められることがほとんどです。

アレルギーが発症しやすい散歩時や、家の中のカーペット、カーテン、クッション等などは普段からの手入れが大切です。

グリーンカイロプラクティックでは

皮膚病は大きく3つありその中でもアトピー性皮膚炎は他のアレルギー症状も合併して持っていることが多いという相関関係が報告されています。

病院では投薬療法や食事療法を診断されることが多いですがグリーンカイロプラクティックでは身体にとって無害なステロイドが分泌される中部胸椎(腰~背中にかけて)の矯正を行う事でアレルギーに対する抵抗力を100%引き出せる様にしていき、症状の緩和をしていきます。

犬の整体ページはこちらへ 犬の整体ページはこちらへ

 自信があります!ご予約はこちら

 0120-979-343

受付時間 平日 10:00~21:00・土日 10:00~19:00

定休日 祝日(※祝日が土・日と重なった場合は通常通り開院)

 

〒101-0061   千代田区三崎町2-22-8 梨本ビル2F