犬の気管虚脱

犬のぎっくり腰(急性腰痛)の画像

千代田区 整体部門、整骨院・整骨院、カイロプラクティック部門 口コミランキング第1位

犬の整体ページはこちらへ 犬の整体ページはこちらへ

こんなお悩みありませんか

  • ガーガーとガチョウが鳴くような呼吸をする
  • 過呼吸を引き起こす
  • 呼吸が不安定
  • 運動やお散歩後呼吸が荒くなる、乱れる

そもそも犬の気管虚脱とは

気管虚脱は、空気を喉から肺へ送る気管が扁平状に押しつぶされる事によって呼吸困難が起こる病気です。

輪状靱帯が弾力性を失ったり、気管筋が伸び切ってしまった時や気管軟骨がC型の形状を保てなくなると、気管は扁平となります。

気管軟骨の形成不全は起因して生じますが、正確な原因は不明で、遺伝的要因が多いと言われていいます。

呼吸や激しい咳、強く吠える、上を向く、首輪による圧迫など、さまざまな負荷が犬の気管の外部や内部から常に加わっていて、

気管虚脱を発症すると、犬はこれらの負荷に耐えられなくなり、段々と気管が押しつぶされて、空気の流れが正常に行われなくなります。

気管虚脱になりやすい犬種

  • ゴールデンレトリバー
  • チワワ
  • トイプードル
  • ヨークシャーテリア
  • ポメラニアン

動物病院(獣医さん)では

扁平化してしまった気管を元に戻すことは難しく、病院では肥満を避け、激しい運動や無駄吠えをさせず、温度と湿度を適正な範囲にします。

首輪は気管への負担が大きいため、胴輪や洋服タイプのハーネスに変えることも予防になるでしょう。
咳止めや気管を広げる薬や炎症を抑える薬を使用。
軽症な気管虚脱では、予防的対策と投薬治療で症状が緩和することがほとんどです。
重症化する傾向があれば、手術も必要です。

手術は気管を外側から補強する手術と、気管を内側から押し広げる手術があります。

グリーンカイロプラクティックでは

病院では軽度なら投薬、重度ならば手術になることがほとんどですが、グリーンカイロプラクティックでは呼吸器系に関係している神経が出ている上部頸椎(首)や胸椎(背中)の骨格を調整して機能の改善を促していきます。
胸回りの筋肉を調整して呼吸をしやすくさせる事で症状の緩和を目指し、メンテナンスをすることで悪化を防いで健康な状態を保っていきます。

 

犬の整体ページはこちらへ 犬の整体ページはこちらへ

犬の気管虚脱に関する関連記事

 自信があります!ご予約はこちら

 0120-979-343

受付時間 平日 10:00~21:00・土日 10:00~19:00

定休日 祝日(※祝日が土・日と重なった場合は通常通り開院)

 

〒101-0061   千代田区三崎町2-22-8 梨本ビル2F