アトピー(アトピー性皮膚炎)

こんなお悩みありませんか?

  • 毎晩痒くて眠れない
  • ステロイドを使わずに治したい
  • 大人になってもアトピーが治らない
  • いろいろ試したけど効果がない

そもそもアトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎が薬なしでも改善する!?

 

アトピー性皮膚炎は約45万人が悩む症状と言われています。

主な症状は幼児期に関節の内側を中心に発症し耳介の下部が裂けたりする(湿潤型)汗によるかゆみはこのタイプで夏に多くみられる。

思春期以後は広範囲にわたり乾いた慢性湿疹の症状が現れると言われ(乾燥型)冬に現れやすいと言われている。

もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないことが慢性の特徴で、主にお風呂上りや、寝る前、夜中がなどが特に症状が出やすく、時には緊張したりストレスを感じるとかゆみがでてきたりします。

一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。

交感神経系の胸椎8番~12番(背中の真ん中あたり)が神経圧迫を起こすことで副腎皮質ホルモンのバランスが崩れ、副腎コルチゾンの分泌量が足りなくなる。

この影響でアトピーの症状があらわれてくると言われています。

 

お医者さんでは

  • 薬物療法
  • ステロイド

ステロイド(副腎皮質ホルモン)やヒルドイド薬を処方したり、漢方薬で様子を見ることが一般的です。

ステロイド(副腎皮質)は一番良く聞く処方薬ではありますが、根本解決の薬ではありません。

あくまでも副腎皮質ホルモンが足りていない場所に副腎皮質ホルモンを塗っているだけなので、服用している間は落ち着きますが、やめるとまた症状が出てくることがあります(リバウンド)。

ステロイド剤を塗ったところに吹き出物が出たり紅斑(こうはん)ができる、副腎の機能が低下し自然治癒力が低下する、塗っていた箇所の炎症が茶色く皮膚に残ってしまう(色素沈着)といった様々な副作用がみられます。

グリーンカイロプラクティックでは

上記にも書きましたが、交感神経系の胸椎8番~12番(背中の真ん中あたり)が神経圧迫を起こすことで副腎皮質ホルモンのバランスが崩れ、副腎に正しい信号が送られずホルモンを分泌しなくなってしまい、新しいきれいな皮膚を作らなくなってしまいます。

当院の施術では骨盤から腰、背中、首の骨のバランスを全てチェックし整えることによって内臓や交感神経の働きを元の状態に戻し、正しい情報を脳に伝えていきます。

そうすることによって副腎皮質ホルモンが足りていない場所にホルモンを送ってくれるのでアトピー性皮膚炎の症状も改善していきます。

グリーンカイロプラクティックからのアドバイス

副腎皮質ホルモンは抗炎症作用や抗アレルギー作用、神経や筋肉(筋疲労、集中力の減退)の作用も持っています。症状(かゆみ等)はあくまでも結果であり原因ではありません。

それをステロイド等の処方薬で補うのではなく、ご自身の持っている力(自然治癒力)で改善させていく方法もあります。それは背骨のズレやバランスを整えることです。

グリーンカイロではかゆみを取るのではなく、根本改善を目指しています。

肌再生の周期(ターンオーバー)の関係や年齢、季節、または症状の度合いで施術周期や来院期間も変わってきます、詳しくは担当の先生にご相談ください。

カイロって肩こりや腰痛の人が行くんじゃないの?と思われている方も多いですが内臓やホルモンバランスを整えるにもとても有効です。

アトピー性皮膚炎でお悩みの方はぜひ一度ご来院ください

メディア掲載

2017年7月29日 TOKYO FM ラジオ『シンクロのシティ』に出演させていただきました。

私の施術家としての信念や、仕事への想い、身体のことなどについてお話させていただきました。

笑いが多く楽しい雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

アトピー(アトピー性皮膚炎)に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加