子供の夜泣き

こんなお悩みありませんか

  • 子供の夜泣きでかなり寝不足
  • 何が原因なのかわからない
  • いろいろ試してみたがなかなか結果が出ない

そもそも子供の夜泣きとは

夜泣きは骨格に原因が!?

夜泣きの原因ははっきりとはわかっていませんが、睡眠リズムや発達の過程に原因があると考えられています。
大人が朝起きて夜寝るという睡眠リズムができているのは、体内時計が正しく働いているからです。
しかし生後1~4ヶ月の赤ちゃんは、まだこの機能が未発達で昼と夜の区別がつきません。短いサイクルで寝たり泣いたりを繰り返すことから、夜泣きが起こります。
生後5~6ヶ月の夜泣き
この頃の脳は、めまぐるしい発達の過程にあります。赤ちゃんは寝ている間も、起きている時に受けた情報を脳の中で繰り返しながら処理していて、起きている時に強い刺激を受けると、その情報を夢の中で処理する際に夜泣いてしまうことがあります。
1歳前後の夜泣き
主な理由は、前述の睡眠リズムや脳の発達が原因だと考えられますが、寝かしつけに授乳をしているママは卒乳・断乳を考えてもよいでしょう。卒乳してから夜泣きが減ったというママもいます。
2歳以降の夜泣き
2歳を過ぎると日中の出来事を記憶できるようになるので、夜怖い夢を見て不安で泣いてしまうことがあります。また自分が求めたとおりにママがかまってくれないと、それがストレスになって夜泣いてしまいます。

お医者さんでは

  • 生活指導

特にこれといった治療法はなく、生活リズムを一定にしてあげることや、入眠へのルーティンなどを作ってあげることが指導されるようです。

グリーンカイロプラクティックでは

夜泣きにも実は構造的な原因が存在していて、特に胸椎(中部胸椎)に問題があることが多く、胸椎にずれが生じると神経圧迫が起こり、交感神経系に異常がみられ夜泣きなどの原因となってきますので、神経圧迫を起こしている背骨を矯正してあげて、症状の改善をはかっていきます。
赤ちゃんでも施術可能で、指一本で矯正可能なので痛みや負担は全くないので親御さんは安心してみていただけると思います。

グリーンカイロプラクティックからのアドバイス

子供の夜泣きは何らかのサインでありお子さんの正しい成長の過程と言えますが、中には骨格による原因もあります。
骨盤から背骨までのズレを見つけ、正しい骨格に戻すことによって神経の通りが正常になることで、夜泣きやその他の問題が改善することがよくみられます。
お子さんの夜泣きでお悩みの方は一度当院にご相談ください。

メディア掲載

2017年7月29日 TOKYO FM ラジオ『シンクロのシティ』に出演させていただきました。

私の施術家としての信念や、仕事への想い、身体のことなどについてお話させていただきました。

笑いが多く楽しい雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加