不妊

こんなお悩みありませんか?

  • 子供が欲しいがなかなか自然妊娠しない
  • すぐ妊娠すると思ってたのになかなかできない
  • 子宮筋腫」や「子宮内膜症」を抱えている

そもそも不妊症とは

カイロプラクティックでご懐妊???

日本人女性の約9%約225万人、10組に1組(5組に1組とも言われる)のカップルが今日不妊症で悩んでいる、または不妊治療を受けている。
不妊症とは、普段ある程度の周期で性交渉をしているのにも関わらず、2年以上妊娠が成立していない状態をいいます。
1年経過すると不妊の検査や治療を受けることができます。
不妊症は女性だけの原因ではなく、男性にも半分は原因があるといわれています。

お医者さんでは

  • 性交渉タイミング指導
  • 排卵誘導法
  • 人工授精

お医者さんでの治療は通常、タイミング法(妊娠しやすい排卵の時期を予測して性交渉を行うこと。)から始める。
タイミング法で妊娠する確率は2年間で60~70%まで上げることが可能と言われています。
その次に排卵誘導法(排卵誘発剤を使い通常月に一回の排卵を2~3回起こしたり、排卵日をコントロールすることによって妊娠しやすくすることができる。)を行う。
本来は排卵のない人に使用するが、正常に排卵してる人にも効果があり、妊娠の確率を高めることが期待できます。
タイミング法であまり効果が出なかった場合の次のステップとして行いますが、副作用もありますのでメリットが上回る場合に使用を続けます。
他にも、人工授精や体外受精など一般には知られています。

グリーンカイロプラクティックでは

グリーンカイロプラクティックでの施術は背骨、骨盤など身体全身をチェックし、原因になっている場所を特定し正しい位置に戻すことによってホルモンバランスを整えたり、捻れている内臓を元の位置に戻してあげて内臓の機能を高め症状を改善していきます。
婦人科系の場合は腰椎1~2番や仙骨のねじれ、頚椎のズレによって神経圧迫が起こり、子宮などに正しい情報が送られていないためにコントロールができていないことがほとんどです。
カイロプラクティックで不妊症が改善できると思っている人はほとんどおらず、肩こりや腰痛で来院していたらご懐妊。というケースもよくあり大変驚かれています。
また、薬を使わないので副作用がない分他の臓器に負担もかからずに症状の改善や予防にも高い効果があるのが大きな特徴です。

 

グリーンカイロプラクティックからのアドバイス

姿勢が悪い状態が続くと胃腸や子宮を圧迫するので、それだけでも機能低下が起こり、不妊症の症状を悪化させる原因になるので普段から正しい姿勢を意識することが大切です。
それでもやはり歪みは起きてくるので定期的にカイロプラクティックを受けて歪んでこようとする背骨を正しい状態に戻してあげましょう。
不妊症は男女にそれぞれ原因がある可能性があるので、
女性だけでなく男性の方も施術を受けることをお勧めします。

メディア掲載

2017年7月29日 TOKYO FM ラジオ『シンクロのシティ』に出演させていただきました。

私の施術家としての信念や、仕事への想い、身体のことなどについてお話させていただきました。

笑いが多く楽しい雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加