生理痛

こんなお悩みありませんか?

  • 生理が重く、腹痛、腰痛がひどい
  • 痛み止めを飲んで仕事に行くが、休むこともある
  • 全身がだるくイライラする
  • 生理がくる、と思うだけで気分が沈んでしまう

そもそも生理痛とは

薬を飲まず、生理痛が改善!?

生理痛は女性人口の約80%とも言われ、そのうちの約30%がひどい生理痛を感じ、病院を受診する割合と言われています。
生理痛は、明確な原因があるものを「器質性月経困難症」といい、特に病気などが見当たらないものを「機能性月経困難症」と呼びます。
「機能性月経困難症」が現れるのが比較的若い20歳代前半までに偏っているのに対して、幅広い年代で見られるのが、異常が元になって痛みが起こる「器質性月経困難症」です。
「器質性月経困難症」の由来となるのは、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などの疾患が考えられます。
最近になってこうした婦人科系の病気を発症する女性が増えているのは、ひとつには晩産化があるという説が有力です。
晩婚化、晩産化の結果、現代女性は昔の方々よりも生涯で迎える生理の回数が増えています。
50年前と現在を比較して平均で数えると、なんと10倍近くにまで生理回数が増加しているのです。
子宮や卵巣にかかる負担は格段に増え、子宮内膜症など、女性の機能に影響を与える病気になりやすくなっているのでしょう。
また、もう1つには女性自身による女性の身体への意識不足があります。
生理の仕組みについてはまだまだ解明されていないことも多いのですが、食生活やファッションで薄着をする傾向にある為に悪化するということが要因として挙げられます。
生理痛を軽くするために、生理痛の原因となる要素、生理痛を悪化させる要素をぜひ知っておいて下さい。

お医者さんでは

お医者さんでは鎮痛薬や漢方薬を主に処方することが多く、鎮痛剤にはプロスタグランジンの作用を抑える働きがあります。プロスタグランジンは子宮の収縮を促す物質で、この分泌量が多いと強い痛みが引き起こされます。
体質を改善することで、血行を良くする効果が期待できます。血行の滞りをなくすことによって生理痛の痛みが緩和されます。
漢方薬は体質改善のための薬であるだけに、自分に合ったものを処方してもらうことが大切で、婦人科でも処方が可能であり、保険も適用されます。
生理痛に悩む人の中には、日常生活にも支障があるほど重い症状の人もいます。
このような場合は、子宮内膜症など、別の病気が隠れている可能性もありますので、早めに医師に相談し、原因を調べるようにしましょう。

グリーンカイロプラクティックでは

カイロプラクティックと聞くと、“骨を調整して肩こりや腰痛を治す”というイメージを持たれている方が多いですが、実は違います。
筋肉が動く、内臓が働く、血液が流れる、代謝が起きる、ホルモンの分泌などなど。 これらの働きは神経によってなされるのですが、カイロプラクティックでは、様々な情報を運ぶ神経が脊椎レベルで詰まることでカラダの働きが低下すると考えます。
当院の施術では、背骨から骨盤までのズレをチェックし調整していくことによって、婦人科系の神経圧迫を取り、神経を正常な働きに戻していくことで、子宮の環境も良くなり生理痛等の症状も改善されています。

グリーンカイロプラクティックからのアドバイス

肩こりや腰痛で来院された患者さんで数年ぶりに薬を飲まずに生理を終えました!や、生理不順だったのに生理周期がほとんど28日前後でくるようになりました!と多くの女性の患者さんがカイロプラクティックによる高い効果を実感されています。
現代社会では、背骨のズレから女性ホルモンの分泌、生殖器系の機能異常が起きてしまい、生理痛や不妊症になっている人は非常に多く見られます。
女性は初潮から閉経までの約40年間、生理と付き合っていかなければならず、生理痛がひどい人は約28日の周期としても約3000日は生理痛と戦わなければいけません。
神経の働きを取り戻すことができるスペシャリストが唯一カイロプラクターなのです。
生理痛や生理不順などの婦人科系疾患でお悩みの方は是非一度当院にご相談ください。

メディア掲載

2017年7月29日 TOKYO FM ラジオ『シンクロのシティ』に出演させていただきました。

私の施術家としての信念や、仕事への想い、身体のことなどについてお話させていただきました。

笑いが多く楽しい雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加