変形性膝関節

こんなお悩みありませんか?

  • 膝が痛くて歩行が困難
  • 歩きはじめ立ちはじめが辛い
  • お医者さんから手術を勧められているが迷っている
  • 階段の昇り降りが痛い
  • リハビリや水を抜く注射をしているが良くならない

そもそも変形性膝関節症とは

膝の痛みは骨盤の歪みが原因!?

変形性膝関節症は700万人が抱える症状である。
主な症状は膝を動かした時に生じる膝の痛みで、立ち上がる時や歩き始めなど膝に体重がかかる時に痛むことが多い(歩行時には体重の約3.1倍の負荷が膝にかかっているといわれています。)
また、関節に膝の皿に水が溜まったり腫れたりしてくることで更に膝の動きが悪くなってきます。
基本的に、加齢に伴っておこる膝の病気で、体重や運動不足、猫背などの悪い姿勢などが原因で関節の軟骨が傷つくことで、関節に炎症が起こり痛みが生じるといった症状がみられる。
軟骨が痛むと動かした時の衝撃が吸収できなくなり非常に強い痛みを生じます。
特に女性に多く、40代から徐々に増え始め60代女性の約40%、70代の約70%が変形性膝関節症になっていると言われています。

お医者さんでは

  • 薬物療法
  • 注射
  • 温熱療法
  • 運動療法
  • 手術
  • マッサージ

進行具合によって、生活習慣の改善を目指しながらの運動療法、痛みが強く激しい時は薬で痛みや炎症を抑えたりヒアルロン酸注射やステロイド注射を関節内に打つ薬物療法、外科手術を行い人工関節になる場合もあります。
薬は副作用が出ることもある(肝臓や腎臓に多い)ので、副作用に注意しながら服用し、状態を医師に伝えることが必要です。
自分の判断で服用量を勝手に増やしたり減らさないことや、現在服用している薬がある場合は必ずその旨を伝えること。

 

グリーンカイロプラクティックでは

骨盤から首にかけて体のバランスを見ていき、普段の生活習慣からのクセを見つけていき、膝に負担のかかる骨格の構造や筋肉のバランスを見つけて修正して、膝に負担がかかりにくい体に調整していきます。
バランスを整えることによって、お尻周りや太ももの筋肉にも負担がかかりにくくなるので、膝の痛みの解消や改善にもつながってきます。

グリーンカイロプラクティックからのアドバイス

変形性膝関節症は程度にもよりますが中~長期間の施術期間が必要となるケースがほとんどで、骨盤から背骨を調整しながら変形した膝を調整していきます。
変形するとズレたところに水が溜まったり腫れたりするので、骨格を調整することによってそのズレを戻していきます、そうすることによって自然に水は消え腫れもなくなります。
薬の副作用もないので安心して施術を受けることができますし、毎度その場で施術効果を実感していただけると確信しております、当院エレベーターもございますので膝が痛い方も階段を何段も上り下りすることなくご来院が可能です。
変形性膝関節症でお悩みの方は一度当院にご相談ください。

メディア掲載

2017年7月29日 TOKYO FM ラジオ『シンクロのシティ』に出演させていただきました。

私の施術家としての信念や、仕事への想い、身体のことなどについてお話させていただきました。

笑いが多く楽しい雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加