腱鞘炎(手首・指)

こんなお悩みありませんか?

  • 朝起きた時、指の曲げ伸ばしが特に痛い
  • 重いものを持つ手首が痛い
  • 妊娠をきっかけに手首がいたむようになった
  • 家事にも支障がでていて辛い

そもそも腱鞘炎とは

え?腱鞘炎は背骨が原因!?

腱鞘炎が起こるメカニズムですが、指や手を動かすためには腱がありますが、これは筋肉が骨や関節に力を伝えるためのひものようなもので、その力を途中で分散させないように滑車の役割を持っている腱鞘というものがあり、それはトンネルのような形をとっています。

腱鞘炎は、何らかの原因によってこの腱鞘が炎症を起こし、腫れてしまい、その結果腱がその箇所をスムーズに通れなくなって痛みが起こるための症状だそうです。

なお腱鞘炎の種類ですが、親指の付け根が痛くなるドケルバン病や、指にある屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起きて、指を動かす際ひっかかりが生じてしまうばね指と呼ばれる症状などがあります。

近年増えたのが、パソコンの使いすぎで腱鞘炎になる場合だそうです。

キーボードのタイピングを行うと、親指は他の指より多く動かしますので、そのため手首もしくは手関節の親指側にある腱鞘と腱に炎症が起こってしまうというのがパソコン腱鞘炎の原因といわれています。

パソコンによる腱鞘炎ですが、マウスの使用によって腱鞘炎になるケースもあるそうです。これはいままで俗にテニス肘と呼ばれていたケースと同じ部分が痛むのですが、マウスを動かしたりする動きによって肘の外側にある骨の隆起部分についている筋肉が使いすぎの症状にとなり、起こる炎症だと考えられています。

ばね指は80%程度が女性で平均年齢が50代という報告が多く、関節リウマチ、糖尿病、痛風などの慢性的に炎症状態の人が、よくばね指になりやすいとも言われていて最近ではホルモンバランスが関係しているのではと言われています。

お医者さんでは

  • 薬物療法
  • ステロイド注射
  • 手術
  • マッサージ

湿布薬や痛み止めで経過を診ていくのがほとんどで、整形外科ではレントゲン検査やMRI検査をして骨折の有無や筋肉の損傷の度合いを調べ、今後の治療方針や治療期間を決定します。

状態が悪い場合は手術をすることもあるようです。

グリーンカイロプラクティックでは

腱鞘炎は手首に多く、手首に問題があると思われますがそうでないケースも非常に多く、背骨の胸椎のズレによって肩や腕の神経に問題が起こったり、前腕の尺骨と橈骨のねじれによって動かすときに関節がぶつかり合って炎症や痛みが出てしまいます。

当院の施術ではまず背骨から骨盤のズレを正しい位置に矯正しバランスを整えます。

それだけで腱鞘炎が改善されることもありますが、改善されない場合は、腕の骨や肩を調整していきます。

腱鞘炎は痛みの程度にもよりますが、比較的早い回数、期間で改善が期待できます。

グリーンカイロプラクティックアドバイス

腱鞘炎は放っておくと肘や肩の痛みなど二次障害に繋がってきたりします。

湿布やテーピングでその場しのぎの対処療法をするのではなく、しっかりと原因を把握して改善させてあげることをオススメします。

じゃあ整体で直してもらっても行ってもいいの?と思われることもありますが、整体は骨格を整えるのが目的ですが、カイロプラクティックは神経圧迫を起こしている背骨を矯正して元々持っている能力(治癒力)を引き出してあげることで、痛みなどの症状が改善していくものなので、目的が全然違います。

根本からしっかり良くしたい方は、カイロプラクティックに行かれると良いでしょう。

メディア掲載

2017年7月29日 TOKYO FM ラジオ『シンクロのシティ』に出演させていただきました。

私の施術家としての信念や、仕事への想い、身体のことなどについてお話させていただきました。

笑いが多く楽しい雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

腱鞘炎(手首・指)に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加