ゴルフ肘(肘の内・外側の痛み)

こんなお悩みありませんか?

  • シップや痛み止めで治らない
  • 大好きなゴルフが肘の痛みで出来ない
  • ゴルフをしていないのにゴルフ肘と診断された
  • クラブを変えてから肘が痛くなった気がする
  • 軽いものを持つだけでも痛みを感じる

そもそもゴルフ肘とは

ゴルフ肘は厄介!?

ラウンドではなく打ちっ放しなどの練習によく行かれる方に発症しやすい傾向にあると言われていて、ラウンドはグラウンドコンディションも丁寧に手入れされているところがほとんどで、ダフったりしても芝や土の柔らかさで衝撃も多少吸収されるので肘や肩へのダメージも少ないのに対して、打ちっ放しはほとんどコンクリートの上に薄い人工芝なので、ダフった時の衝撃はグラウンドの比ではありません。

その積み重ねによって、肩や肘に炎症や靭帯の損傷が起こり痛みに繋がってきます。

損傷の場所は野球肘やテニス肘と同じなのですが、どの競技をしているかで名前が変わってくることもあるそうです。

お医者さんでは

  • 薬物療法(痛み止め、シップ)
  • サポーター
  • 注射
  • 電気療法
  • マッサージ

整形外科ではレントゲンやMRI検査などで骨や筋肉がどの程度損傷を受けているのかを検査して、今後の治療方針や期間をおおよそ決定します。

初期〜中期程度であれば、アイシングやテーピング固定、湿布の処方や痛み止めで経過を診ていきます。

痛みが強く出ていたり、曲げ伸ばしができないほど1重症の場合は、手術という選択肢を取る場合もあるそうです。

 

グリーンカイロプラクティックでは

練習時のダフリすぎで肘を痛めるということはそうありません、ゴルフは股関節や背筋(肩甲骨)をうまく使って飛ばしたりコントロールするという体の使い方になるので、骨盤や胸椎のバランスが悪くなることがとても多いです。

このバランスが悪くなってしまう為に肩や肘にもだんだん影響が出てきて痛みが発症してしまいます。

当院の施術ではその悪くなったバランスを整え、調整することで肩や肘の負担も減り炎症が治まったり軽減していきます。

他院のカイロプラクティックの施術は脊椎を整えることをしますが、四肢の調整はほとんどしません、というよりはできませんに近いです。

当院は四肢の施術にも定評をいただいており、比較的少ない回数(1〜5回)で改善していることがほとんどです。

グリーンカイロプラクティックからアドバイス

整形外科や整骨院ではアイシングやマッサージをしてくれますが、何度も通ってやっと少しマシになるかあんまり変わらないというのが現状です。

少ない回数でなるべく通わせないというのが当院のモットーなので、どこの治療院よりも少ない回数で改善させることができるでしょう。

野球肘、テニス肘やゴルフ肘は1〜2回の施術で改善することが可能なので、色んな治療を受けて最後の駆け込み寺的な感じでいらっしゃいますが、無駄な治療費を払うより初めからちゃんとした施術を受けて早期段階で競技復帰をサポートできればと思っております。

ゴルフ肘でお悩みの方は是非一度当院にご相談ください。

メディア掲載

2017年7月29日 TOKYO FM ラジオ『シンクロのシティ』に出演させていただきました。

私の施術家としての信念や、仕事への想い、身体のことなどについてお話させていただきました。

笑いが多く楽しい雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加