腰部脊柱管狭窄

こんな悩みありませんか?

  • 医師から手術をすすめられているが迷っている
  • 10分ほど歩行すると足全体がシビレしばらく休むと収まる
  • 腰からお尻が、足が痛くて歩くのも辛い
  • 寝ようと横になると両足の裏のしびれ、腰に違和感が出る
  • このままこのシビレと一生付き合っていかないかと不安になる

そもそも脊柱管狭窄症とは

足が痛くて長時間歩けない…

腰部脊柱管狭窄症とは、腰部の脊柱管が何らかの原因によって狭くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることによって腰痛や痺れなどの症状がでる疾患です。
若年層に発症するケースもありますが、ほとんどは50~60歳代に発症するケースがほとんどです。
腰部脊柱管狭窄症の症状の特徴として、しばらく歩くと下半身がしびれてきたり症状が重いと歩くのも困難になる。
一度座ったりして休むとまた歩けるようになるのが特徴として挙げられ、持続時間は症状のレベルによって1,2分だったり10分程度だったりする。
また、普通に立っている状態や腰を反らすと痛みが強くなり、前かがみになると楽になるといった特徴もある。
腰部脊柱管狭窄症には大きく2パターンあり、左右または両方の神経が圧迫されて、圧迫された方の腰から足にかけて痺れや痛みがでるタイプ。
馬尾神経という神経の束が圧迫されると足のシビレやマヒ、脱力感や便尿がでない、我慢出来ないといった排泄障害が起こったりすることがある。

お医者さんでは

  • 薬物療法
  • 温熱療法
  • 牽引
  • ブロック注射
  • 手術

病院では、X線検査(レントゲン)やCT検査・MRI検査を行い、これら画像を見て脊柱管に狭窄が起こっているか確認します。
通常、X線検査(レントゲン)検査を行った後、もっと詳細な情報が必要な場合、骨以外の状態を見るために、CT検査やMRI検査を行います。
しかし、狭窄が起こっていても必ずしも症状が出るわけでありません。
基本的には、保存療法をとったり鎮痛薬やシップなどの保存療法や薬物療法を用い、痛みが強く出ている場合は神経ブロック注射を打ったりします。
症状が重い場合は手術という選択肢をとる場合もあるようです。

 

グリーンカイロプラクティックでは

骨盤から背骨までのバランスを整えたうえで、狭くなってしまった骨を広げるように調整し症状の軽減をしていきます。
まわりの筋肉も固まっているケースがほとんどで、筋肉の神経圧迫によって痛みやしびれが出ていることも少なくはありません。
しびれなどの神経の問題の調整は比較的長い治療期間を頂く場合がありますが、他院で10回かかるところを当院ではその半分の回数で改善していく自信がありますので、お気軽にご相談ください。

 

グリーンカイロプラクティックからのアドバイス

腰部脊柱管狭窄症は放っている期間が長ければ長いほど悪化していき、また改善までの期間も長くなってしまいます。
下半身や腰にしびれや痛み、長時間歩けないなどの症状があるかたは早めに病院等を受診するかカイロプラクティックを受けることをおすすめします。

メディア掲載

2017年7月29日 TOKYO FM ラジオ『シンクロのシティ』に出演させていただきました。

私の施術家としての信念や、仕事への想い、身体のことなどについてお話させていただきました。

笑いが多く楽しい雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

腰部脊柱管狭窄に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加