肩こり

こんなお悩みありませんか

  • デスクワークなど同じ姿勢でいるのが辛い
  • マッサージに何度も通っているが改善されない
  • 肩がガチガチに硬く頭痛もある
  • 小学生の頃から肩こり持ちで夜も寝られない
  • 薬やシップをしているが改善がみられない

施術の内容、心づかい、仕事ぶり全てが心地よく大満足! 自分の体の本来の力を引き出してくれる先生です!

お客様写真

定期的に運動もしているし、十分に健康な状態であると思っていました。
それでも感じる身体のだるさや痛みは、日々の体調管理が足りないだけで、仕方がないことだと諦めていました。
ところが、東郷先生の施術を受けること数回。
10代の頃から動きの固かった首や肩など、
『動かなくて当たり前』と思っていた箇所が、気持ちよく動かせるようになったんです!
自分の身体でありながら、自分に思っていた以上の力があったことに感動しました。
非常に熱心で、気配りも心地よい東郷先生。
仕事に取り組む姿勢もとても素敵で、いつもいい刺激を受けています!

新宿区 nanaさん( アシスタント )・30代女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ひどい肩こりが驚くほどすっと、楽に! 定期的な治療でとても調子がいいです!

お客様写真

肩こりがひどく悩んでいた時に、紹介で初めてカイロを受けました。
少し怖いイメージがありましたが、先生が丁寧に説明して下さり、安心して施術を受けることができました。
終わったあとはびっくり!!
あんなにひどかった肩こりがすっと治り、とても楽になりました。
今は定期的に通っているので、身体がとても調子良いです。
これからもよろしくお願いします。

江東区 松田愛子さん( 営業職 )・20代女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

施術後の首と肩の軽さがとても幸せです!

お客様写真

肩こりからの頭痛がなくなりました。
施術後の首と肩の軽さがとても幸せです。
教えて頂いた正しい姿勢も続けていきたいです。
これからもよろしくお願いします!

横浜市 N.Nさん( 会社員 )20代・女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

そもそも肩こりとは

肩こりは肩を揉んでも良くならない!?

現代ではパソコンに加え、スマートフォンの爆発的普及により、老若男女問わず「肩こり」に悩まされている人が増えてきています。

日本の国民病ともいわれており、約3000万人(日本人の4人に1人)が肩こりで悩んでいると言われています。

厚生労働省「平成22年国民生活基礎調査」によれば、

気になる(有訴者率)症状調査の女性で1位・男性では2位と、年齢・性別関係なく誰もが肩こりに悩まされている結果となっています。

今では国民病とまで言われる「肩こり」。

肩こりになる主な原因としては、背骨や骨盤の歪み、ストレートネック、猫背、腱症炎、目の疲れ(眼精疲労)、生活習慣、ストレス(心理的要因)などがあげられますが、実はお腹の深層の筋肉の腸腰筋が関係していたり、足の筋肉を調整することで肩こりは消失していきます。

肩こりに対して肩を揉む、ほぐす時代は終わりましたね笑

お医者さんでは

  • 薬物療法
  • 牽引療法
  • マッサージ
  • シップ
  • ストレッチ

X線(レントゲン)撮影のほか、MRI、筋電図などの画像診断をして、マッサージ、シップ、温熱療法、運動療法、薬物療法、筋肉注射などの治療を行っていきます。

これらには副作用があり、根本改善は難しいと言えます。

湿布や鎮痛剤を処方するだけの所がほとんどで、基本的には症状の出ている部位に対して治療を行います。

グリーンカイロプラクティックでは

日々の生活習慣で、骨盤や背骨が正しい位置から外れて本来の肢位から外れてしまうことで肩こりが発生するケースがほとんどです。

原因は人それぞれと言われていますが、場合によっては足の小指を調整することで肩こりが軽減し、さらに足を調整するとほとんどの肩こりが消失していきます。

ただ肩こりだからと言って、肩ばかり施術をするのではなく、身体の癖や原因となるものを徹底的に見つけ出すことで、他の治療院にはない「圧倒的な肩こり改善率」を実現しています。

カラダの悪いクセを正すことも肩こり改善には欠かせません。

施術以外にも生活習慣を改善するアドバイスやストレッチの指導も同時に行っていきます。

グリーンカイロからのアドバイス

デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることで、肩の筋肉に負担がかかり肩こりになってしまいます。

肩を”後ろ回し”にぐるぐると回しましょう。

肩を回すときは「肘を曲げて大きく後ろに回す」ことで肩甲骨、鎖骨周りの筋肉全体が動くので効果的です。

パソコンやスマホでの眼精疲労も肩こりの原因になるので、適度に休息したり、画面の光度を落とすなどして目のストレスを軽減させるのも効果的です。

メディア掲載

2017年7月29日 TOKYO FM ラジオ『シンクロのシティ』に出演させていただきました。

私の施術家としての信念や、仕事への想い、身体のことなどについてお話させていただきました。

笑いが多く楽しい雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加