ムチ打ち

こんなお悩みありません?

  • 首の痛みから吐き気やめまいがする
  • 肩から腕、手にかけてシビレが出る
  • 背中から腰にかけて違和感がある
  • 事故の直後何もなかったが、日に日に首周りが痛みだした

施術後の首と肩の軽さがとても幸せです!

お客様写真

肩こりからの頭痛がなくなりました。
施術後の首と肩の軽さがとても幸せです。
教えて頂いた正しい姿勢も続けていきたいです。
これからもよろしくお願いします!

横浜市 N.Nさん( 会社員 )20代・女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

ひどい肩こりが驚くほどすっと、楽に! 定期的な治療でとても調子がいいです!

お客様写真

肩こりがひどく悩んでいた時に、紹介で初めてカイロを受けました。
少し怖いイメージがありましたが、先生が丁寧に説明して下さり、安心して施術を受けることができました。
終わったあとはびっくり!!
あんなにひどかった肩こりがすっと治り、とても楽になりました。
今は定期的に通っているので、身体がとても調子良いです。
これからもよろしくお願いします。

江東区 松田愛子さん( 営業職 )・20代女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

施術の内容、心づかい、仕事ぶり全てが心地よく大満足! 自分の体の本来の力を引き出してくれる先生です!

お客様写真

定期的に運動もしているし、十分に健康な状態であると思っていました。
それでも感じる身体のだるさや痛みは、日々の体調管理が足りないだけで、仕方がないことだと諦めていました。
ところが、東郷先生の施術を受けること数回。
10代の頃から動きの固かった首や肩など、
『動かなくて当たり前』と思っていた箇所が、気持ちよく動かせるようになったんです!
自分の身体でありながら、自分に思っていた以上の力があったことに感動しました。
非常に熱心で、気配りも心地よい東郷先生。
仕事に取り組む姿勢もとても素敵で、いつもいい刺激を受けています!

新宿区 nanaさん( アシスタント )・30代女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

そもそもむち打ちとは

▼ムチ打ち、ムチ打ちの後遺症に悩む人へ朗報!!

むちうち症は交通事故で最も多い症状で、日本の人口の15~30%の人がむち打ちによる首の痛みに苦しんでいると言われています。
むち打ちの中にも軽症から重症まであり、「すぐに回復するもの」、「慢性化しているもの」、「むち打ち後数カ月、数年経って悪化するもの」、「回復できないもの」があります。
ある研究調査によれば、交通事故による問題の50%~88%の方がむちうち症で悩み続け、交通事故から何年たっても回復しない人がいるというデータがあり、いかにむち打ちやむち打ち後の後遺症で悩んでいる人が多いか分かります。
また、むち打ちをやった当日に症状が出ない人がほとんどで、数日経過してから首・背中・肩のこりや痛み、耳鳴り、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振などの症状が現れることもあるのが特徴です。
むち打ちといってもいくつか種類がありますのでご紹介します。
ムチ打ちは交通事故だけではなくて、転倒、スポーツ、頭をぶつける、乗り物による衝撃などが原因としてなることが多いです。

1.頸椎捻挫
頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷が多くみられ、むちうち症全体の70~80%を占めているとされています。
頚椎捻挫は首の後ろや肩の痛み、首を伸ばす動きをすると痛みが強くなります。
首や肩の動きが制限され、動きにくさ、引っ掛かり感、上が向けないなどの症状が特徴的です。

2.根症状型
頚椎が歪むと神経が圧迫されてしまい、首の痛みのほか、腕の痛みやしびれ、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などが現れます。
これらの症状は、咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり回したりすると強くなります。
ひどいと手足が麻痺することも少なくありません。

3.バレ・リュー症状型
首に強い衝撃を受けることで、頭痛、目まい、吐き気などの症状が現れます。
血液検査、尿検査、レントゲン検査などを行っても異常が認められず、「自律神経失調症」と誤診される事が多いので診断、判断には注意が必要です。
血管系の圧迫が関係することも多いので、天井を向いたらめまいがする、吐き気を催すなどする場合はバレリュー兆候の可能性が高くなります。
まずは医療機関を受診しましょう。

4.脊髄症状型
首の神経や下肢に伸びている神経が損傷されて、足のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れますが、ときに膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。
むち打ち後に歩きにくいなどの症状が出たときは、まずは医療機関に相談することをお勧めします。

 

お医者さんでは

むちうち症の多くは「頚椎捻挫」といわれる捻挫の一種で、X線(レントゲン)撮影のほか、MRI、筋電図などの画像診断をして、マッサージ、シップ、温熱療法、運動療法、薬物療法などの治療を行います。
首の負担を減らすために、頚椎カラーをつけたり、症状が重くなると、湿布や投薬に合わせて他の治療が必要で、首の「牽引」、筋肉が固まっていると「筋弛緩剤」の筋肉注射をしてます。
これらには副作用があり、改善されない場合もあります。
湿布や鎮痛剤を処方するだけの所がほとんどで、症状の出ている部位に対して処置することが多いことも特徴です。

 

グリーンカイロプラクティックでは

むちうち症になってしまった場合、早急に検査をして、頸椎捻挫、根症状型、バレ・リュー症状型、脊髄症状型、それぞれに適した施術をしなければなりません。
適切な施術が早期回復に繋がるため的確な検査が必要不可欠です。
むち打ち後には首の不正列(いわゆるズレ)やストレートネックなどにより症状が悪化していることもあります。
むち打ち状態になった患部は首を安定させるための組織が弱くなっていることがあるため、頚椎に無理な負担がかからない施術をしていきます。
ひどい症状が出ていたとしても、痛くないように適切な施術をし、根本的な解決を目指します。
医療機関や接骨院、整骨院などで改善しないむち打ち症はグリーンカイロプラクティックの得意分野です。
お気軽にご相談ください。

グリーンカイロプラクティックからアドバイス

病院でむちうち症は全治2週間と診断されることが多いようですが、実際には2週間で治る人はほとんどいません。

むち打ち後に頭痛・めまい・倦怠感・首痛・肩こり・不眠・微熱・眼精疲労・動悸など様々な症状に何年も悩み続ける人もいます。
いくら病院で検査しても「異常なし」か「原因不明」という診断があったあとは対処療法的な治療しかしてもらえず、最後は精神病扱いにされてしまったりすることも。
数か月治療を行っても改善が見られなくて、病院を離れて整体やカイロプラクティックや鍼治療などを転々とすること少なくないようです。
大切なのは的確な診断を的確な治療法で根本から治すこと。
グリーンカイロプラクティックではむち打ち、むち打ちの後遺症の改善も得意としていますので、遠慮なくご相談下さい。

メディア掲載

2017年7月29日 TOKYO FM ラジオ『シンクロのシティ』に出演させていただきました。

私の施術家としての信念や、仕事への想い、身体のことなどについてお話させていただきました。

笑いが多く楽しい雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加