▼40代男性:ゴルフによる肘の痛み

▼来院動機

blog_145
半年前から肘に違和感があり、徐々に痛みが増してきた。整形外科に行ったが湿布とサポーターを渡されたが改善に繋がらなかったため来院。今はゴルフクラブを握れないほど悪化し、ゴルフに支障をきたすため一刻も早く治してほしいとのこと。

▼実際の問診票より

▼原因として何か思い当たることはありますか?

週一回のゴルフ。

▼どのような時、どのような姿勢になると症状を感じますか?

ゴルフをしてる時、日常生活では手首や指を動かすときに痛む。

▼その他症状

幼少の時、左足首の剥離骨折をした。

▼プロセスと結果

 

10917517_722239317873469_165484105_n-300x225 (1)

▼初回施術

視診と触診では、左肩甲骨に繋がっている前腕の内旋変位を確認。また、そこから伴う外側上顆のネジれから打球時に相当な負荷が肘関節にかかり、炎症が起きている状態と考える。初回は肩甲骨を歪ませている原因の一つである骨盤と肘関節に調整を行いこの日は終了。アイシング指導も行った。「痛みが10➝5くらいになった感覚です。治りそうなのでしっかり通ってみます!」とのことでした。

▼2回目(初回より7日後)
前日にゴルフを行い、また痛みが多少戻ったような感覚。今回は前回に引き続きの調整を行った。「ここ来ると痛みが引くのが不思議です。」とのことでした。

▼3回目(2回目より7日後)

痛みの質は10➝2くらいでだいぶ調子。ゴルフをやるたび0➝2を行き来している感覚。

現在2週に1回メンテナンス中。

▼患者さんコメント

お医者さんからゴルフを治るまで辞めなさいと言われていましたが、ゴルフを続けながらでも痛みを気にならないレベルにしていただき助かりました!今後もフォームを改めしっかりケアしていきますね!

▼担当者コメント

田中DDパーマー
僕もHさんには本当は痛みがなくなるまではゴルフ禁止!って言いたいところでしたがそんなことも聞く余地もないくらいゴルフ好きな方でしたので諦めました。(笑)ただアイシング等も前向きに普段から行って頂いたのでこのような結果が生まれたのかなと感じます。今後もたくさん練習されるかと思いますが、負担かけたときこそしっかりメンテナンスしていきましょうね!

ゴルフ肘(肘の内・外側の痛み)について詳しくはこちら

ゴルフ肘(肘の内・外側の痛み)

ゴルフ肘(肘の内・外側の痛み)に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加