▼60代女性:朝曲がったままのばね指

▼来院動機

ばね指半年前から朝起きたら右手の中指と左手の薬指が曲がったまま、午前中は伸びない状態が続き整形外科を受診するとバネ指と診断され、注射を2、3回打ってそれでも治らなかったら手術をするしかないと言われ、注射を3回打ってその時は痛みはなくなるけれどやはり指は曲がったままだったので、手術をする前に他に方法を探している中、当院のホームページを見て来院。整形外科ではカイロプラクティックではそれは治らないよと言われたがなるべく手術を避けたいのでとりあえずで来院。

▼実際の問診票より

▼原因として何か思い当たることはありますか?

仕事で手指をよく使う。

▼どのような時、どのような姿勢になると症状を感じますか?

午前中はずっと曲がったままで伸びない。

▼どのような時、どのような時が楽ですか?

昼を過ぎると徐々に伸びてきて痛みもほとんどなくなってくる

▼その他症状

肩のこりと座って立ち上がるときに腰が痛くなる。

▼その他情報

▼プロセスと結果

[caption id="attachment_312" align="alignright" width="225"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

▼初回施術
視診と触診では、骨盤右側が後下方にずれていたのと上部腰椎の後方変位、下部頚椎〜上部胸椎の後方変位があり、特に下部頚椎〜上部胸椎は甲状腺のホルモンバランスがバネ指に影響するケースも多いので、集中的に調整を行った結果患部の調整前から指の動きもスムーズになっていた。指を直接調整してさらに動きはスムーズになったが、炎症が強い為あまり触ると返って炎症が増すので初回は終了。今晩から毎日お風呂上がりに5〜10分程度のアイシングを指導、患部の炎症を取り除くことに。
『曲げても痛みが少し減ってますね』と驚かれていました。

▼2回目(初回より7日後)

朝から午前中に指が伸びないのが改善されたが、アイシングができなかった日の朝の1時間のみ曲がったままだった。前回と同じように調整し、調整後はさらに動きやすくなっていた。『最初は背骨が関係してると聞いても全然ピンとこなかったけどほとんど指は触ってないのに変化があるのは驚きだわ』とのことでした。
またアイシングをしながら1週間後で。

▼現在

朝のこわばりも完全になくなって痛みもほとんどなくなった。曲げるとまだつっぱり感はあるが、『整形外科に自慢しに行ってこようかしら(笑)』とおっしゃっていました。
肩のこりもほとんどなく、腰痛に関しては1回目の調整後にはなくなっていたとのことでした。
▼患者さんコメント

整形外科では治らないと言われ手術か〜と思っていたので痛みもなくなって本当によかったです。人生でまだ1度も手術をしたことがなかったので助かりました!まだもう少し違和感はあるので、肩こり腰痛同様に定期的にメンテナンスしていきたいと思っています。

▼担当者コメント

P1130218バネ指はホルモンバランスの関係するものや指自体に問題が大きいケースといくつかパターンがあるので、平均しても3〜6ヶ月くらいはかかるのが実際ですが、思いの外早く良くなって何よりの症例でした。今後も期間を開けながら経過を診ていき、完全復活を目指していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加