▼30代女性:10年前に肘の靭帯損傷

▼来院動機

野球肘、テニス肘10年前、ダンスの練習中に転んで右肘の靭帯を痛めてしまった。

痛みと違和感、可動制限があり、グラつきも感じる。

整形外科に行ったところ肘の靭帯損傷があると診断された。

10年間マッサージや薬、注射で治療しているが治らず、HPを見て来院。

▼実際の問診票より

▼原因として何か思い当たることはありますか?

ダンスで痛めたので、それが原因だと思います。

▼どのような時、どのような体勢になると症状を感じますか?

右肘の曲げ伸ばしで違和感があり、重いものを持つ時に痛みがでます。

右腕に体重を乗せると激痛が走ります。

▼どのような時、どのような姿勢が楽ですか?

違和感は常にあるが、右肘を動かさなければ痛みは感じません。

▼その他症状

肩こりが5年前からある。

頭痛がこめかみ部分にたまに出る。

▼その他情報

整形外科で、治療してもらっているが治らず。

▼プロセスと結果

_DSC6804▼初回施術

右の骨盤、上部腰椎、下部胸椎、中部胸椎、右手関節、右肘にも問題が見られた。

骨盤は右に回旋している。上部腰椎の可動性が減少し、硬さが出ている。

さらに、右前腕の筋肉が強く緊張していた。

調整後、右前腕の筋緊張は残るものの、肘の痛みは10中4くらいになり「痛みが和らいで、体重をかけられるようになったよ!グラつきもなくなってきている!」と喜んで帰られた。

右肘に炎症が見られるので、肘は触らずに冷却指導を行った。

▼2回目:(初回より4日後)

肘は可動性の低下がみられるものの、痛みは半分くらいまで減っている。肩こりは消失。

以前より体重を右腕にかけられるようになったが、グラつきは出る。

骨盤の右回旋のクセが強かったので、前回より深めに調整。

前回の箇所に加えて、右の肩甲骨と鎖骨、三頭筋の調整を行った。

調整後、「肘の痛みがなくなって、曲げても伸ばしてもストレスを感じなくなった!」と感激されていた。

▼3回目:(2回目より10日後)

肘の痛みを日常生活で感じることはなくなった。

「体重をかけた時の激痛とグラつきがなくなりました!」と、とても喜んでいた。

重いものを持つと少しだけ違和感があるとのこと。

初回から2週間経つが頭痛は出ていない。

肘の熱感もなくなってきたので、右肘に直接アプローチをした。

調整後は肘の可動性が正常まで回復した。

▼5回目:(3回目より1か月後)

炎症が起きることはなくなり、重いものを持っても痛みは出なくなった。

可動域も正常。頭痛もでいない。

状態も安定しているのでメンテナンスに切り替えた。

▼現在

月に1回メンテナンスで来院しています。

▼患者さんコメント

10年間も痛みや違和感があったのですごくストレスでした。治って本当に良かったです。

病院に行っても、注射や薬を処方されるだけでそれ以外は何の処置もしてくれなかった。

まさか、肘の痛みの原因が身体の歪みにあるなんて。

靭帯の具合もあまり良くなかったので、肘の痛みは良くならないと思っていました。

5回の施術で痛みがまったくなくなり、不安がいっきに吹き飛びました。

先生!ありがとうございます!

▼担当者コメント

IMG_3547Iさん!改善して本当に良かったですね。

靭帯を損傷しても、痛みの原因は人それぞれあるので改善するチャンスはいくらでもありますよ。

こちらの指導も聞いてくれたので、経過もすごく良好で、良くなるまで本当に早かったです。

これからもしっかり調整して良い状態をキープしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加