▼40代男性:走り過ぎによるランナー膝とコリ

▼来院動機

img_case91年前からランニングすると右膝に痛みが出るようになり、ここ3週間で痛みが増してきた。

10年前から肩、首、背中コリがひどくて半年前から左腕~指先までしびれが出てきたためHPを見て来院。

▼実際の問診票より

▼原因として何か思い当たることはありますか?

首、肩、背中のコリとシビレは、1日7~9時間はデスクワークをしているのでその時の姿勢が悪いからだと思います。

膝は走る姿勢と走りすぎで痛みが出ていると思います。

▼どのような時、どのような姿勢になると症状を感じますか?

肩、首、背中のコリは常に感じています。

仕事中、夕方になるとシビレが出てきます。

膝は5キロくらい走ると痛みがでてきます。

▼どのような時、どのような姿勢が楽ですか?

横になると痺れは落ち着きます。

肩、首、背中のコリは常にあります。

走らなければ膝は痛くありません。

▼その他症状

特にありません。

▼その他情報

特にありません。

▼プロセスと結果

11020381_722239291206805_1663396070_n▼初回施術

検査したところ、左の仙腸関節、下部腰椎、下部胸椎、上部胸椎、下部頸椎に問題があったので調整。

特に骨盤は左回旋が強く、可動性も減少していた。

上部胸椎には大きな歪みがあり、施術に苦労したがそれぞれうまく調整できた。

調整後、肩・首・背中のコリはなくなり、左腕のシビレも軽くなった。

膝は走ってみないと分からないとのことだったが、「身体が軽くなり、膝の動きが明らかに良くなった!走るのが楽しみだよ!」と、喜んで帰られた。

▼2回目:(初回より4日後)

前回調整後に、走ってみたが10キロくらいで少し痛みが出たとのこと。

肩・首・背中のコリはほとんど感じていない。シビレも残り1/3くらいに。

初回施術時にクセの強かった骨盤と上部胸椎はやはり歪みの戻りがあったので再度調整。

それに加え右膝が少し右回旋していたため調整。

直後から膝の可動性がさらに良くなり、「これだと20キロは余裕で走れそう!」と嬉しそうに話していた。

▼3回目:(2回目より10日後)

2日続けて20キロ近く走ったが、痛みはでなかった。

1年ぶりにストレスなくランニングが出来るようになりすごく喜んでいた。

コリもシビレも感じないレベルまで回復した。

▼5回目:(4回目より1カ月後)

膝の痛みはなく、毎日10キロ走っている。

腕のシビレもなくなり、ここ1か月間は肩首のコリも出ておらず好調とのこと。

安定してきているのでメンテナンスに移行。

▼現在

マラソン大会に参加することもあって、1~2か月に1回、メンテナンスしている。

▼患者さんコメント

1年間出ていた膝の痛みが、たった5回の施術で良くなるなんて驚きでした。

今ではコリやシビレ、膝の痛みに悩むことなくランニングや仕事が出来ているので毎日楽しく過ごせています。

これからも定期的なメンテナンスは欠かせません。

▼担当者コメント

_DSC6949肩・首・背中のコリと腕のシビレ、膝の痛みが良くなってよかったです。

これで目標の東京マラソンに参加することが出来ますね!

自己ベスト出せるように頑張ってください。応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加